Nakano Farmのご紹介

北の大地が育んだトマト

中野ファームは、北海道余市町の丘陵地帯に位置しています。初代が北海道へと入植した明治初期の頃、畚部村(フゴッペ…アイヌ語で波音の轟く所)と呼ばれるその地は厳しい北風と、鬱蒼と茂る笹と山々に囲まれていました。農耕機械が発達していなかった当時、山を畑へと開拓することは容易なことではありませんでした。開拓民は馬と共に朝から陽が傾くまで汗を流しても一面に広がる笹谷巨木にはばまれ、一日に広げられる畑はごくわずかなものであったと聞きます。以後中野ファームは、ワイン葡萄やさくらんぼ等、果樹栽培を主に歩んできましたが、台風によって葡萄畑が大きな被害を受け苦渋の決断の末、一心高糖度トマトの栽培へと転換し現在にいたります。余市町は気温の寒暖差が大きい為、農作物の糖度が高くなるという優位な気候に恵まれています。さらに中野ファームのトマトは日本海からそよぐミネラルをたっぷり含んだ潮風、水はけのよい赤土、水平線へと姿を隠すまで延々と降りそそぐ太陽の光、トマトにとって絶妙な自然条件のなかで育っています。

中野ファームのトマト栽培

 

中野ファームでは、20年以上に渡ってトマトを栽培してきました。品質をもとめれば大量生産はできないのですが、”少量でも高品質”のトマトを念頭に栽培しています。

 

ここで中野ファームの栽培方法をご紹介します。トマトのRootsは南米アンデス地方。山岳地帯に広がる痩せた大地がトマトの発祥です。中野ファームはアンデス地方によく似た風土で、水はけの良い赤土と気温の寒暖の激しい小高い丘に立地しています。

 

わずかな水分をもとめて地表へ這い出す根。この根がトマトの底力になっています。おいしいトマトに育つためには基本的には水を与えません。あえて厳しい環境に晒すことで、トマトはより生きようとしますし果実の甘みと酸味は強くなります。アンデスのトマト同様です。

 

甘いトマトの見分け方は色々とありますが、もっとも顕著に現れるのがこのベースグリーンです。赤く色づく前にしかわかりませんが、この色が濃ければ濃いほど糖度は高くなります。

 
 
PayPal クレジット決済
オンラインショップ
中野ファーム
Photo
ブログ

キッチンが走る!出演!

生産者の顔

 

お問い合わせ

中野ファーム

北海道余市町栄町551-6

 Mail:info@nakano-farm.com

 TEL:0135-22-2203

   FAX:0135-22-2263

(作業中は電話に出られないことがあります)