2011年

5月

03日

おいしい野菜をもっとおいしく【茄子】

こんにちは。

 

きょうは茄子のお話です。

 

野菜のなかでも、こんなにダークな色をした野菜はほかに見当たりませんが、

 

これはナスの色素に含まれるナスニンというポリフェノールの一種で、抗酸化

 

作用があり動脈硬化や老化防止などの効果があるそうです。

 

NakanoFarmでも栽培しているトマト。

 

これ、実はナス科なんです。

 

他にもナス科の野菜といえば、ピーマン、じゃがいも、唐辛子などたくさんあります。

 

下の写真はトマトとナスの花。

 

色が違うだけでこんなに似ています。

『おいしい茄子の選び方ワンポイント』

 ナスのヘタの部分にトゲがあるんですが、そのトゲが痛々しいほどに尖っている

 

ものを選んでみてください。トゲがあって切り口が乾燥していないのが鮮度がい

 

い証拠です。

『茄子の保存方法ワンポイント』

ナスの原産地は熱い地方ですから、寒いところは苦手です。

 

冷蔵庫よりも直射日光の当らないところがいいですね!

 

炒め物、煮物、漬け物、和洋中どんなところにも使える茄子ってすごいと思い

 

ます。

 

そしてもうひとつ茄子のすごいところは、食感の変化です!

 

汁物に入れれば、スポンジのような柔らかい食感になり、焼けばトロリとした

 

歯触り、漬け物だと表面はコリコリ、中はしっとり。

 

あ〜なんだか無性に食べたくなってきました。笑

 

 

2011年

4月

24日

おいしい野菜をもっとおいしく【春キャベツ】

こんにちは。

 

みずみずしくて葉のやわらかいキャベツとてもおいしそうですね。

 

キャベツって日本人が食べる野菜第一位なんですね!

 

よく食卓にならび、サラダ、煮込み、炒め物、なんにでも使える

 

万能野菜だから、おいしいキャベツの選び方を知っていて損はありません!

 

『おいしい春キャベツの選び方ワンポイント』

スーパーでキャベツを手にとり裏側(芯のある方)を見て下さい。

 

そして、芯が500円玉よりも小さいものを選ぶのがコツです!

 

春キャベツは大きさの割に軽くて、

 

葉の巻きがゆるい物を選ぶとさらにgoodです。

 

たったそれだけでもうあなたはキャベツの目利きです!

 

春キャベツは3〜5月ぐらいに出回り、冬キャベツの重量感にくらべ、

 

やわらかくてみずみずしいので生やサラダで食べるのがおすすめです。

『春キャベツの保存方法ワンポイント』

キャベツを冷蔵庫に入れる前にちょっとまった!

 

包丁などで芯をくり抜きましょう!

 

野菜は収穫されたあとも成長を続けているので、

 

そのままにしておくと、どんどんみずみずしさが逃げていってしまいます。

 

さらに、芯をくり抜いた部分に濡らしたキッチンペーパーなどを、

 

詰めておくと2週間ほど長持ちします。

 

『キャベツの豆ちしき』

キャベツの語源は『頭』です。笑

 

原産地はヨーロッパ地中海地方なので、

 

ラテン語の『caput』からきているそうです。

 

葉野菜のなかでは、長期保存のきくキャベツですが、

 

ふだん葉っぱしか見たことがありませんが、

 

その花は目にも鮮やかな黄色をしています。

 

アブラナ科なので、菜の花にそっくりですね。


2011年

4月

17日

おいしい野菜をもっとおいしく【アスパラ】

みなさんこんにちは。

 

今日はアスパラガスです。

北海道はやっとこさ、、、

 

地面に鮮やかな緑色が目立ち出し春の訪れを日々感じています。

 

やっぱり春はこころが自然にはずんじゃいますね!笑

 

ということで、春といえばアスパラです。

 

北海道ではまだちょっと早いかも。笑

 

だいたい5月あたりが旬ですね。

『おいしいアスパラの選び方ワンポイント』

通常、スーパーでアスパラを買う時の選び方のコツは、

 

根っこ側の切り口が乾燥していたり、

 

変色していないかどうか、見てみてください。

 

なんせ野菜は鮮度がいちばんですから!

 

野菜はスーパーの陳列棚に並んでいる間も

 

まだ生きていて呼吸し、成長を続けようとしています。

 

ですから、出来るだけ切り口のみずみずしいものをチョイスしてください。

 

切り口が乾燥し、変色しているモノは収穫から時間が経っている証拠です。

 

しかも、アスパラは一日に10センチも成長しますから、

 

その水分の要求量といえばかなりのものです。

 

成長するとこんなになっちゃいます。

 

 

 

『アスパラの保存方法ワンポイント』

『じゃあ、スーパーで切り口のみずみずしいアスパラを買ったけど

 

どう保存すればいいの?』と思われるかもしれません。

 

そうです!早く食べるんです!笑

 

もしくは、アスパラの切り口に水に浸したキッチンペーパーなどで

 

くくっておきましょう。

 

そしてもうひとつ大切な事は、アスパラを立てたまま保存しておくことです。

 

もともと、空に向かって垂直に伸びていくアスパラは、

 

横にして保存すると、起きよう起きようと、

 

そちらの方にエネルギーを消費してしまうからです。

 

さあ〜それではいよいよ調理開始!

 

素材の味をたのしみたいですよね!

 

と、なるとやっぱり茹でて食べたいところ。

 

そこでまたワンポイント!

 

塩ゆでする時に、お湯の中にサラダ油を少々いれます。

 

そうすると、高温、短時間でゆで上がるので

 

アスパラの水溶性の栄養を逃しません。

 

みんなでおいしい春をいただきましょう!笑

 

ちなみに、アスパラはユリ科に属します。

 

 

花もとてもキレイ!

 

実も深紅染まってキレイ!

 

最近では、鑑賞用のアスパラもあるそうですね!驚

 

Nakano Farmのトマトジュースもおいしいですよ!笑

 

 

0 コメント
PayPal クレジット決済
オンラインショップ
中野ファーム
Photo
ブログ

キッチンが走る!出演!

生産者の顔

 

お問い合わせ

中野ファーム

北海道余市町栄町551-6

 Mail:info@nakano-farm.com

 TEL:0135-22-2203

   FAX:0135-22-2263

(作業中は電話に出られないことがあります)